企業のエコへの取り組み

2000年代初頭から、「エコ」といワードが頻繁に使用されるようになり、カジノ事業者などの民間企業の多くがエコに取り組むようになりました。再生可能エネルギーの積極利用や、ゼロカーボンエミッション宣言など、その取り組みは多岐にわたります。

ところで、カジノといえば巨大な繁華街に店を構えた、ランドベースのものが主流ですが、最近ではその事業拠点をインターネット上(例:bit-casino.jp)に構える事業者も増えています。地理的な制約をなくして24時間いつでも楽しめるようにするといった狙いももちろんありますが、消費エネルギーの比較的大きな実店舗形態から、サーバーの運用コストだけで済むオンラインへの移行は、近年のエコに対する考慮を反映したものであるともいえるでしょう。