太陽光発電設備の設置や運転に伴う補助制度には、いくつかの形があります。それぞれ見てみましょう。

助成金

太陽光発電設備の設置、導入に伴うコストの何割かを行政や民間団体が肩代わりしてくれる、というものです。クリーンエネルギーの積極利用を促進するという意図があります。残念ながら、国による助成金はすでに廃止されていますが、多くの地方自治体で助成金制度が継続しています。

減税措置

太陽光発電設備に対して課税される固定資産税の減税措置という形の補助制度もあります。これも助成金と同様、発電設備の導入に際するハードルを下げる目的で実施されています。

その他

他にも、蓄電池とセットで設備投資した場合にもらえる助成金など、特定の条件を満たした場合にもらえる特殊なものもあります。