光電効果について

太陽光発電のデバイスは、光電効果という物理現象を利用して光エネルギーを電気エネルギーに変換しています。この記事では、この光電効果について簡単に説明しています。

光電効果とは、フォトンのエネルギーにより物質中の電子が励起され、物質外に飛び出す現象のことです。この現象は、相対性理論を発表したアインシュタインにより、100年以上も前に発見されたものです。

また、光電効果は身近な現象、たとえば金属をよく磨いたときにあらわれる金属光沢などでも確認することができます。よく磨いた金属に光をあてると独特な文様が出てきますが、それらは実は光電効果によるものです。